システム開発・構築の神様

新しいサービスや技術を使った開発や構築。その他不具合解決など

AWS EC2 Windows Server 2016のルートボリュームを縮小する方法

AWSのルートボリュームは、運用後にコンソールから縮小することができない!と先日分かるのでした。。。


(遅!もう何年もAWSを利用していますが・・・)


その辺の仕様を知らずに、2TBの容量でWindows Server 2016のEC2を新規構築してしまいました。


(ルートと分けていなかった自分が悪いのですが・・・)



最終的にそこまでの容量はいらないと!


(100GBあれば十分)


また、毎月の金額にもビックリです。


毎月2万円くらいはコレで無駄になっています・・・


で、さっきの話ですが・・・


金額に悩まされて、コンソールからボリュームサイズの縮小を行なったところ


なんと縮小できないと!メッセージが表示されて実行できませんでした。


もう一度、別のEC2を構築し移行するしかないのか?


いろいろと方法を検討していたところ、ボリュームサイズを小さくした新しいEBSを作成し


そのEBSにクローン・コピーすればできると言うことが分かりました。


ただ・・・


その手の話題やブログのネタは、Linux OSばかりです。


今回はWindows Serverが対象なので、情報を探しても見つかりません。


↓こちらの方のブログしか見つかりませんでした。
https://skworkspace.net/archives/530


ありがとうございました。とても参考になりました。


ほぼこの記載していただいている内容で問題ありません。


ただ、現システムのコピーにLinux OSのEC2へアタッチする必要があり


そこが敷居が高いので、そこだけ別の作業をしてもっと簡単かつ安全に行いました。


EBSのデタッチやアタッチするのを今までしたことが無かったので・・・


既に本番稼働しているシステムだけに、慎重に作業を行う必要がありました。


(万が一起動しなくなるのは控えたい・・・後ダウン時間も少なくしたいため)


そこで、代替のコピー方法に選んだのは


Windows対応のバックアップソフト「EaseUS Todo Backup」を利用することです。


GUIで数回クリックするだけで、クローンができます。


このソフトのすごいところは、値段が安いことです!ただ、プランが多く有りすぎて


どれを購入すれば良いのか?すぐには分からないのがネックですが・・・


いろいろ悩んでいたところ、無料でどこまで利用できるのか?


とりあえず無料版を試すことに・・・


サイズを小さくした移行先のEBSを作成、Windows Serverにアタッチ!


EaseUS Todo Backupをインストール・・・


起動して、クローンを作成・・・


30分程度でコピー完了!ディスクツールで見ても、同じパーティション構成になっています。


あれ?すごい!無料でコピーできました!


肝心の起動ですが


とりあえず一旦EC2を停止!


古いEBSをデタッチ


新しいEBSもデタッチし、再度/dev/sda1でアタッチ!


最後に、起動・・・


おー動きました!


無事にログインまで完了です。


感動です!


こんなに簡単にできるなら、標準機能で対応して欲しいところです。


これで、来月から2万円節約できました。