システム開発・構築の神様

新しいサービスや技術を使った開発や構築。その他不具合解決など

syslogにIPv6に関するログ(IPv6 ADDRCONF(NETDEV_UP) link is not ready)が大量に出力される

前回から、syslogに出力されているログを確認、対応、整理しています。

 

今回は

IPv6 ADDRCONF(NETDEV_UP) link is not ready

のログについて、対応しました。

 

IPv6と言うキーワードから、IPv6 、Networkに関するログだと分かります。

 

とりあえずは、IPv6 を使う予定が無いので無効化してみました。

 

まずは、IPv6 の状態を確認します。

# nmcli d show eno1

 

GENERAL.DEVICE: eno1
GENERAL.TYPE: ethernet
GENERAL.HWADDR: xxx.xxx.xxx.xxx
GENERAL.MTU: 9000
GENERAL.STATE: 100 (接続済み)
GENERAL.CONNECTION: eno1
GENERAL.CON-PATH: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1
WIRED-PROPERTIES.CARRIER: オン
IP4.ADDRESS[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.GATEWAY: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.ROUTE[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.ROUTE[2]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.DNS[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ADDRESS[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ADDRESS[2]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.GATEWAY: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ROUTE[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ROUTE[2]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ROUTE[3]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP6.ROUTE[4]: xxx.xxx.xxx.xxx

 IPv6 を無効に設定します。

# vi /etc/sysctl.conf

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

 

# vi /etc/hosts

※↓コメントアウト

###::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

 

# systemctl restart network

再度確認すると、IPv6が無効になって項目が非表示になっています。

# nmcli d show eno1

 

GENERAL.DEVICE: eno1
GENERAL.TYPE: ethernet
GENERAL.HWADDR: xxx.xxx.xxx.xxx
GENERAL.MTU: 9000
GENERAL.STATE: 100 (接続済み)
GENERAL.CONNECTION: eno1
GENERAL.CON-PATH: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1
WIRED-PROPERTIES.CARRIER: オン
IP4.ADDRESS[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.GATEWAY: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.ROUTE[1]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.ROUTE[2]: xxx.xxx.xxx.xxx
IP4.DNS[1]: xxx.xxx.xxx.xxx

 IPv6を無効にすると、いろいろと不具合がでてくる可能性もあると言うことで、しばらくは様子見です。