システム開発・構築の神様

新しいサービスや技術を使った開発や構築。その他不具合解決など

Wordpress Woocommerceで構築したネットショップの消費税増税対策を考える

世の中平和慣れしているのでしょうか?来年秋には消費税が8%から10%へと増税されます。


その割には世間はとても静かですね・・・既に受け入れて諦めているのでしょうか?


もっと連日メディアで取り上げられてもいい気もしますね。


(銀行に眠っているお金を、増税後使おうとすると消費税がかかるため、ある意味資産の没収ですからね)


延期されるのか?実地されるのか?


まだ延期の可能性があるような言い回しで、話題をそらすのは止めて欲しいところです。


だって、システムの切り替え対応のスケジュールが組めませんからね・・・


増税されると考えて、今後のシステム作りに反映させていきたいと考えています。


まずは、WordpressプラグインのWoocommerceで構築したショッピングサイトから・・・


ショップ内で使う商品に対しての消費税計算は、システム側で対応しているので、そのまま数値を変更することで、全ての商品の金額を変更することが可能です。


ただし、内税している場合は別ですが・・・


まあ、増税するタイミングで切り替えれば間違いがほぼ起こらないと思います。


何が問題になるかと言えば


固定ページなどの記事内で、何円以上購入すると送料無料などのメッセージを多様している時でしょうか?


その場合は、投稿記事のテキストを置換するプラグインを導入して、一括で置換する方法が考えられます。


まあ、なんだかんだ言っても、サクッと対応できるのがWordpressのいいところかもしれないと言う、どうでも良い話でした・・・


消費税増税延期されないかな~


給料は増えないのに、お小遣いが減る事態をなんとかしたいですね。