システム開発・構築の神様

新しいサービスや技術を使った開発や構築。その他不具合解決など

アリババクラウドで注意する点 ICP登録・ICPライセンスが無いとテストできない

先日から、中国企業のアリババクラウドを使ってWEBサーバー(Wordpressサイト)を構築しています。 Elastic Compute Service (ECS)が、1台と言う大変シンプルなサーバー構成です。

MySQLのリレーショナルデータベースは、同じ1つのECS内で構築しました。

その他、メールサーバーでメール配信の制限などは、後ほど検証していく予定です。

ECSのスペックは、2CPU、4GBメモリー、システムディスク(SSD)40GB、データディスク(SSD)20GBです。 (月額で言えば8000~10000円程度の予算を想定)

ECSの構築は、AWSや日本国内のVPS、クラウドを使ったことがあれば、サクサク進めて行けると思います。

・・・作業中・・・・

ECSのスペック選びも終わり、インスタンスが起動するところまで終わりました。

その後は、SSHを使ってリモート接続を行い、必要なパッケージを追加していきました。

(初期パスワードは、どこで分かるのだろうか?分からなかったので、再設定して対応しました)

このあたりまでは、実にスムーズです。

リージョンも上海を指定して使っていますが、通信回線も早い!サーバースペックも高速です!

サクサクとパッケージがインストールされていきます。

パッケージのインストール後、WEBサーバーに必要な設定を行い

そして、構築したサイトにアクセスしてみると・・・

問題なくデフォルトページが表示されました。

f:id:rikochanhayatokun:20180330115136p:plain

そして、今度は独自ドメインを設定しアクセスしてみると・・・

こちらも問題なく表示されました。

その後、ページを更新して再度アクセスしてみると・・・

なんと!

二回目のアクセスからは、ページにロックがかかってしまいました。

f:id:rikochanhayatokun:20180330115219p:plain f:id:rikochanhayatokun:20180330115232p:plain

ICP登録・ICPライセンスの確認のフィルターが動作しているようです。

もちろん、テスト構築なのでそのような申請はしておりません。。。

どのようにテスト確認すれば良いのだろうか?

IPアドレスやBASIC認証などのアクセス制限を行っても回避できなさそうだし・・・

いろいろ試していると

解決方法が分かりました。

IPアドレスベースでのサイト制作なら、何度でも普通にアクセスすることができます。

独自ドメインを使ったものは、何らかのサービスと判断されるのでしょうか?

まあ、普通はIPアドレスでのサイト運用はありませんからね。

どこかに固定IPのアドレス番号だけで運営しているメジャーサイトはあるのだろうか?

気になりますね。

無事にアリババクラウドのECSを使い、Wordpressサイトの構築が完了しました。

後はセキュリティー設定やら、チューニングをして調整を行い

速度的にも問題ないことを、提案していきたいと思います。

アリババクラウドの注意点

ICP登録・ICPライセンスの有無による制限が自動で実行される。