読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

システム開発・構築の神様

新しいサービスや技術を使った開発や構築。その他不具合解決など

MAC仮想マシンのVMware Fusionで、余分なディスク使用量を削除する

仮想化 メンテナンス MAC

VMware Fusionで、仮想環境のLinux OSや、Windows OSをしばらく使っていると、実際の総ファイル容量よりも、多くの容量を消費してしまいます。

一時的に大容量のファイルを、バックアップ代わりに仮想環境を経由させると、一度膨らんだストレージ容量がそのまま残るのでしょうか?

仮想化のスナップショットを、保存している訳では無いので良くわかりません。

公式サイトに、クリーニングすれば、容量が元に戻るようなことが記載されていたので、早速試してみました。

VMware Fusion ディスク 最適化の手順

  • Fusion を起動します。
  • メニュー バーから仮想マシン > 設定 に移動します。
  • ハード ディスク セクションをクリックします。

VMware Fusion ディスク Windows での最適化

Windows 仮想マシンでは、まず Windows でディスクの最適化を実行する必要があります。Windows で最適化すると、使用領域がすべて連続した領域になります。そのため、仮想ディスクのサイズを縮小できます。

ストレージがSSDの場合は、デフラグをする必要は無いので、最適化を実行できません。

VMware Fusion ディスク 最適化の結果

クリーニングの実行後、500GBの使用量が、100GBへ縮小しました。

こころ無しか、前より安定して動作するようになった気がします。

実行前は、数時間使っていると、VMware Fusionが固まり、強制終了することがよくありました。

公式サイトのQ&A

https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2078415